FXの始め方で注意すべき点は

損切りの負の連鎖

主婦のFX入門サイト

だいたいの人はレバレッジを使わない | 初心者には安定的な取引がおすすめ | 損切りの負の連鎖

それだけしても世界的な動きを予測するのはとても難しく、しかも予測が当たってもいつ決済すればいいのかで初心者は替え時を間違えてしまうため、どこまで利益を得られたら決済するかというのを自分のルールで決めていないと上手な取引は行えません。
その反対に予測と反対の流れになった場合に損失額を一定のところで止めるために決済してしまうのも重要であり、価格が変動するのでいずれは自分の予想したレートに戻ると何もしないでいると、損失額が膨らんで預けている証拠金よりもその額が大きくなるために強制的に業者が決済してしまうことがあります。
これを損切りと言って経験が未熟な人にはよくあることであり、この損切りによって預けた証拠金が減少してしまうのです。
この損切りを防止するためには証拠金の額を増やせばよく、そのために追加の証拠金を預けるというのがよくありますが、通貨の流れというのは一度ついてしまうとなかなか反転することがないので、追加しても効力がないケースが多いために注意しなければいけません。